初めての方

グルメマッシュ

商品紹介

椎茸の注文

レシピ

趣味と実益

地域情報

i-mode

メルマガ

菌床椎茸の栽培の仕方を簡単に説明します。



この前に仕込み作業がありますが、ここでは培養作業から見て下さい。
暗闇の中で30日から40日置かれ、その後明るいところで3ヶ月置かれ、茶色になったら、袋から出す。
7月頃

(温度、湿度、などを調節しながら3〜4ヶ月培養する)


7月3日現在の様子

約1ヶ月で真っ白に成り、その後少しずつゆっくりと、褐変(茶色)して来る。


7月3日現在の仕上がり具合


収穫用ハウスこの中で菌床を棚に並べて椎茸を発生させる。

9月中巡頃から、ぼちぼち芽が出始める。

発生(袋から出してきのこを発芽させる)
2000年の画像
温度が下がって来て、本格的にキノコが発生する、10月頃。このまま6月頃迄何回かの浸水作業が行われて、椎茸を収穫仕手行く。

収穫適当なかさの開き具合を見計らって収穫する)
2001年の画像

上の椎茸を収穫したところ(実寸は画像よりもっと大きい)

3月に菌床を作り始めて、翌年の6月頃菌床の一生を終える、これが1クールです。

実際に良い椎茸が採れるのは8ヶ月ぐらいです。

    

MENUへ

グルメマッシュ

椎茸のレシピ

商品紹介

注文はこちら

趣味と実益

地域情報

i-mode

メインメニュ−

グルメマッシュ

郵便番号430-0821  静岡県浜松市西町400  代表 爪田行英
 電話 053-425-5000  
kinoko@gurume-massyu.com

Copyright(c)2001-2004 gurume-massyu. All rights reserved.