menu

浜松祭り2002・凧上げ(昼間)


    日本3代砂丘の1つ中田島砂丘で毎年開催されます。

中田島砂丘は年々後退して来ています、天竜川が作った大砂丘でしたが

上流域にダムが作られてから遠州灘に、土砂がおりて来なくなった為に小さくなってしまいました。  

月の砂漠を聴く度に、昔の中田島大砂丘が想い出されます!

移動郵便局 4帖の凧もこんなに小さく見える。
初子を抱いてバンザイ! 参加20年を祝ってバンザイ!
終了真近で人が減って来ました。 組みの旗印の元時期を待つ
初凧を無事揚げ終て 目の前に凧が落ちて来ました
肩車している子の名前を入れた初凧が旨くあがったのでワッショイ!ワッショイ!と練っているところ。 こんな大きな糸巻きを使っているんですよ。
切りあいの為に凧糸を持って集団で移動している。 3つの組みが糸をからめて切り合いをしています
糸が絡んでいるのが上手く見えないのが残念です。 糸が3本見えますか?
笛、太鼓、ラッパで気合いを入れて、切り合いをしている。 だんだん熱が入って来ました
地元のコミュニティーFMで実況放送をしています。 もう切れそうです
鳴り物入りで隊列を組んで移動している 凧の移動中2帖位かな?
大会本部前で本部役員に挨拶中 帰りに準備に取り掛かる
大会の本部役員 凧を下ろしはじめている
日本3大砂丘の中田島砂丘 可憐な花が砂の上に根を下ろして力強く咲いています
砂丘の砂が減り草が侵入して来ています 遠くに凧が見えます
海が見えて来ました 波も見えて来ました
昔はもっともっと広い砂丘で、砂漠の様でしたが、ダムのせいで砂が減り砂の山が出来なくなりました。 2004年に浜名湖花サミットが開かれます。日本中の人に来てもらいたいです。

御殿屋台の引き回し