初めての方

グルメマッシュ

商品紹介

椎茸の注文

レシピ

趣味と実益

地域情報

i-mode

メルマガ

夏の能登半島ゆっくりドライブ

 朝5時に我が家を出発して、東名高速→東海環状自動車道→東海北陸自動車道

→能登自動車道を経由して、氷見の港に着いたのが10時、この日の気温は朝か

ら今年一番の暑さとか、その暑さの中、街の中を散策するも、時間が早すぎて

シャッターの下りた店ばかり、やむなく散策を断念して、道の駅をブラブラ、本

当は街のお店で頂きたかった、氷見うどんを道の駅中で見つけて、ここで頂きま

した。

 氷見漁港近くに架かる吊り橋。

 鳶が自慢げに停まっています。

クリックすると画像が大きくなります

 氷見漁港のシンボル的なブリの

イラストです。

 これを観れば一目で氷見漁港だと

判りますね、どんな看板よりも確か

です。

 漁港脇に建っている道の駅では、氷見で穫れる魚介

類の販売が行われていました。

 新鮮そうなお魚が並んでいて、買って帰りたいとこ

ろですが、今日はドライブの初日ですから買えません

でした。      残念!

氷見うどん
 キノコおろしうどんを頂きましたが、

魚のダシが効いた薄口のまろやかな味

でとっても美味しくて気に入りました。

 この後160号線沿いに北上し七尾に向かいました。

 能登島にわたり、能登水族館、ガラス美術館を見学して、宿泊予定のルートイ

ンホテル七尾に向かいチェックイン。午後4時

 能登島水族館の青の水槽を優雅に泳ぐ「ジンベイザメ」

 イルカの華麗なショーで楽しませてもらいました。

 ホテルのフロントで地元の美味しい魚が食べられるお店を紹介してもらい、出

かけましたが、営業開始時間に達してなかったので、お店に入れず、暑い中お店

の前で待っているのもつらいので、別のお店(寿司屋さん)に入って新鮮な魚を

握っていただきました。とっても美味しかったです。

 朝が早かったので、お風呂に入ってベッドに横になると、いつの間にか眠って

しまいました。

翌朝5時起床 お茶を入れて一息入れ

 朝食時間迄は少し時間があるので、今日のコースを地図を見ながら検討し、予

定コース中に酒蔵があるので、今日は酒蔵を中心にまわる事にしました。

 朝一番に向かったのがワイン(能登

ワイン)の醸造所、着いた時間が8時

45分見学開始が9時となっていたの

で、辺のぶどう畑を眺めながら過ごし。

いざ

 工場に入ると係

の人が作り方を私

達二人だけの為に

詳しく説明して下さって、大変勉強に

なりました。

 途中海岸(九十九湾等)の美しい景

色を堪能しながら

 次なる酒蔵(松波酒造)へ

 見逃してしまいそうなこじんまりし

た酒蔵でしたが、お店の方の暖かな歓

迎を受け、冷蔵からいろいろなお酒を

出していただき、試飲させていただき

ました。

 大江山大吟醸1.8L、柿酒

 松波酒造さんで次なる目的地宗玄酒

造さんへの道順をお聞きしたら、笑顔

で対応して下さいました。このお店の

お人柄でしょう。

 宗玄さんはこの辺りでは大きな酒蔵

で、店構えもしっかりしていて、お酒

の種類も多そうでしたが、試飲できる

酒が1種類しかなく、飲み比べる事が

出来ませんでしたので、1本だけ購入

して来ました。

見附島  途中恋路海岸を経由して、見附島に

到着、潮の関係で島迄わたる事は出来

ませんでした。

 こちらのお寿司屋さんで昼食、丁度

お店を開けるところで、暖簾を出して

いましたので、「食べれますか」と声

をかけて店内へ、冊子に紹介されてい

たお店なので期待していたのですが、

期待はずれでがっかり。

 鉢が崎海水浴場を眺めて、須須神社へ

立ち寄る予定でしたが、雲行きが少しあ

やしかったので、先を急ぐ事に、道の駅

狼煙に着いた頃には怪しい雲もどこかへ

流れていってしまったので、「禄剛崎」

へ、太陽が容赦なく照りつける35度の

中、約10分の階段を上り到着。

 日本海の大パノラマを堪能して道の駅

に戻り、塩のお土産を買い出発。

  木ノ浦海中公園を眺め、堂ヶ崎を

抜けて、ゴジラ岩を観て、なぜか納得。

 奥能登塩田エリアを走り、道の駅す

す塩田村に立ち寄るも、特に珍しいも

のもなく、垂水の滝へ立ち寄りました

が、あまりの風の強さに、帽子を押さ

えながら、しょっぱい風を全身に受け

滝に近づきましたが、あまりの凄さに

すぐに退散。

 窓岩、時國家、南惣美術館を横目に

観て、白米千枚田へ。

 白米千枚田

 とっても暑い千枚田の駐車場のお店

で、なぜかラベンダーソフトクリーム

を買い、速攻で舐めましたがポタポタ

(暑さで融ける)一路輪島へ。

 

 キリコ会館

 キリコ会館で大きさにビックリのキリコを首が痛く

なるほど眺め、祭りを実際に観たくなりましたが、こ

こを後にしました。

 この会館からすぐ目の前に旅館が見えていたので、

隣の輪島塗のお店に入り下調べするつもりが、はまっ

てしまい、輪島塗の夫婦椀をゲット。ものはついでに

と、お土産の塗り物をしっかりと買ってしまいました。

 高州園に着くとすぐにお風呂に入り、猛暑の後を消

し去りました。

 旅館の窓から予想もしない海王丸の勇姿を眺めることが出来ました。

 本日はかみさんの運転で疲れなかったので、涼しい旅館でゆったりとしながら、

温泉を楽しみました。

 三日目の朝5時頃旅館の窓から海を眺めると、何艘

  かの船がすぐ下にプカプカと浮かんでいました。

 暫く眺めていると、ウェットスーツを着た人たちが

  潜っては浮き上がりして、何かを穫っているよう

                でした。望遠レンズで覗いても、何を穫って

                 いるのかは判らずじまいでしたが、観てい

                るだけで何かウキウキするような感覚が私の

               中に生まれました。

              朝から何か徳をしたような気分になり、朝風呂に

             行ってまた優雅でリッチな気分にしたりました。

 輪島といえばやはり朝

市ですね、もちろん出か

けましたよ。

 8時前という事でまだ

準備をしているところも

見かけましたが、海産物

がいっぱい並んだ店が軒

を連ねていました。

 つい両手一杯の荷物を

抱える程に買ってしまい

ました。

 大本山總持寺祖院に立ち寄りました

が、能登半島地震で大きな被害を受け、

今にも倒れそうな本堂には、多くのつ

っかい棒が施されていて、地震の爪痕

をくっきりと残していました。

 再建には何十億ものお金がかかるよ

うです。

 25分程車を走らせると、泣き砂の

浜として知られている「琴ヶ浜」に。

 車を降りて猛暑のなか砂浜を歩いて

みましたが、砂の泣く音は聞こえてま

いりませんでした。

 (ちょっと汚れていたからなあ〜)

          少し走って「やせの断崖」の

         駐車場に車を停めて海に向かって

         歩くと、すぐに崖が見えて来ます。

           やせの断崖から5分程歩くと

          「義経の舟隠し」に出ます。 

           暑いせいか歩いている人もほと

          んどなく、日本海の打ち寄せる波

が、なぜか無性に寂しさをかもし出していました。

笹波の棚田
「日本の棚田百選」にも選ばれている。
 ヤセの断崖を少し走ると「笹波の棚

田」が見えて来ます。海岸段丘にある

この棚田は、長方形をした180枚の水

田が規則正しく並び、美しい幾何学模

様を描いています。

 30分程走ると、観光客が多く訪れるであろう「巌門」

が、観光船に乗ろうと考えていましたが、波が高いので

観光船の運航は休止、歩いて洞窟を下迄下りると、荒波

が岩場を洗っていました。船に乗れずちょっと残念

 巌門から1時間少しで、千里浜なぎ

さドライブウェイに、海水浴を楽しむ

若者と、砂浜の走りを楽しむ観光客の

ギャップが楽しめます。

なぎさドライブウェイを後にして、一路浜松へ向かいます。午後3時

 北陸自動車道→東海北陸自動車道→東海環状線→東名高速道路→我が家到着。

一度は立ち寄ってみたい場所です。

2011年 8月9日 8月10日 8月11日

遠出サイトへ

    

MENUへ

グルメマッシュ

椎茸のレシピ

商品紹介

注文はこちら

趣味と実益

地域情報

i-mode

メインメニュ−

グルメマッシュ

郵便番号430-0821  静岡県浜松市西町400  代表 爪田行英
 電話 053-425-5000  
kinoko@gurume-massyu.com

Copyright(c)2001-2004 gurume-massyu. All rights reserved.