初めての方

グルメマッシュ

商品紹介

椎茸の注文

レシピ

趣味と実益

地域情報

i-mode

メルマガ

夏休みを満喫できる志賀高原のおきらくハイク。

クリックすると画像が大きくなります

ニッコウキスゲ

東館山のニッコウキスゲ

 前日はあえて志賀高原に泊まらず、湯田中温泉郷の中でも評判の温泉ホテル「あぶらや燈千」へ一泊して、自慢の懐石料理と個室露天風呂や大浴場の温泉三昧で楽しんだ後、バイキングの朝食で腹一杯にして、志賀高原に入りました。

 蓮池ロープウエイを利用する『やまびこコース』の切符を買って、9:20出発のロープウエイに乗り込みます。

 志賀高原ロープウエイに乗ると、1500mの距離を8分で発哺温泉迄運んでくれます。

 ここからゴンドラリフトまで10分程度の歩きになりますが、景色が望めるコースですので、あっという間に着きます。

 発哺温泉の「東館山ゴンドラリフト」に乗れば、6分で一気に山頂へと運んでくれます。

 山頂駅を下りると、そこはもう2030mの世界、東館山高山植物園や、遊歩道のまわりにはお花畑が広がります。

 正面に見える山は「寺子屋山」、岩菅山への登山ルートとなっています。

 右手に目を移すと、後で立ち寄る事になっている「横手山」の山頂(電波塔が沢山見える)が見えます。

 こちらの山で観えた花達の姿は後ほど下のアルバムからご覧ください。

 長野オリンピックの大回転コースとなったゲレンデが、今はニッコウキスゲのお花畑となって、私達を迎えてくれました。

 一面ニッコウキスゲで、どこまでも下って行きたくなる様な景色が広がります。

 このまま降りてしまうと、高天が原観光リフトへ、乗れなくなってしまいますので、ここら辺で引き返して、植物園のお花畑に戻ります。

 岩菅山の勇姿が眼前に広がり、登ってみたくなりましたが、今回はファミリーでのハイキングですので、今日の所はあきらめて、またの機会を伺う事にします。

 リフトに向かう途中では、回りの山を真近に観る事が出来ます。

 こちらは空に向かって突き立っている感じの「笠が岳」

「西館山」

 高天が原リフトから、高天が原を望む。

 

蓮池  高天が原から一人乗りのリフトに乗り換えて約4分、朝来た発哺温泉駅ロープウエイ乗り場へと戻って来ました。

 着いたときはすでに午後12:40分、普通2時間の周遊コースですが、私達は花を追いかけて、3時間以上の周遊となってしまいました。

 予定ではこのあたりでお昼を食べる筈でしたが、遅れ気味なので横手山に直行する事になり、渋峠まで車を走らせました。

 渋峠からはリフトで横手山山頂へ、山頂の「横手山ヒュッテ」で噂のパン(旅行ガイド書で有名)を食べてお腹が一段落。

横手山ヒュッテ

横手山ヒュッテ

 横手山山頂から見る「笠が岳」

 横手山山頂から見る「志賀山」

 東館山から見る「志賀山」

 今回「志賀山」の表と裏を見る事が出来ました。

 渋峠に戻り、「峠のホテル」でパンを買い込んで、お土産に家に持ち帰りましたが、このホテルがちょっと変わっています。

 奥さんに聞くと、建物の真ん中に県境が走り、長野県と群馬県の2県にまたがって建っているとの事です。

 したがって税金もおのずと、両県に収めているそうですが、登録は長野県になっている為、長野県の施設として登録されているようです。

 木戸池に立ち寄り、静けさを感じる風景写真をと撮りましたが、実はこのホテルには高校生が音楽合宿中で、ドンドンヒャララぴ〜ヒャララと、大音量の楽器演奏に、鯉も浮かれ気分か、集まって上へ下への大騒ぎ、大集会を開いていました。

 その鯉がこれです。

 大きな口をパクパク、曲に合わせて歌っているのか、それとも私に餌をよこせと、ねだっているのかは分かりませんが、こんな大きな鯉がウジャウジャと、池の中でとぐろを巻いていました。

 最後に一の池に立ち寄ると、観光客も減り静かになった池の雰囲気が、なぜか幾ばくかの寂しさを漂わせている様に思えました。

蓮池  こんな夕方になっても、期待していなかった、蓮の花が咲いていて、寄ってみて良かったと、かみさんと話ながら帰途につきました。

シジミチョウ トンボ

 途中で沢山のシジミチョウや、トンボが、山の雰囲気を大いに盛り上げてくれた事を、忘れてはいけませんでした。

東館山の花達
ヒカリゴケ
ミヤマアキノキリンソウ
ヒカリゴケ
ジャコウソウ ニッコウキスゲ 水芭蕉
ジャコウソウ
ニッコウキスゲ
水芭蕉

オダマキ コオニユリ シモツケソウ
オダマキ
コオニユリ
シモツケソウ
シオガマ シャジン チングルマ
ウツボグサ
シャジン
チングルマ

ベニバナイチヤクソウ
ギンリョウソウ

コマクサ
ハクサンフウロ
コマクサ

ホタルブクロ
トンボ
ホタルブクロ
ヤナギランのトンボ
タンポポ
ナデシコ トラノオ
ナデシコ
トラノオ

ヤナギラン
ヤナギラン

一度は立ち寄ってみたい場所です。

2006年 7月31日

遠出サイトへ

    

MENUへ

グルメマッシュ

椎茸のレシピ

商品紹介

注文はこちら

趣味と実益

地域情報

i-mode

メインメニュ−

グルメマッシュ

郵便番号430-0821  静岡県浜松市西町400  代表 爪田行英
 電話 053-425-5000  
kinoko@gurume-massyu.com

Copyright(c)2001-2004 gurume-massyu. All rights reserved.