初めての方

グルメマッシュ

商品紹介

椎茸の注文

レシピ

趣味と実益

地域情報

i-mode

メルマガ
 

十文字峠・シャクナゲの花咲く乙女の森

毛木平(AM10:37)→五里観音→八丁坂→尾根→十文時小屋→乙女の森→カモシカ展望台→十文字小屋→原生林→十文字小屋→八丁坂→五里観音→毛木平(PM3:45)


 

十文字峠(乙女の森)

   浜松から4時間ちょっとで毛木平に

  到着、整備された駐車場に車を停めて、

  トイレを済ませ、準備体操で身体をほぐ

  して、十文字峠へ向けて出発します。

登山開始:10:37分

 駐車場にはハイキングコースの案内板が有る休憩所と、水洗トイレが整備されています。

 雪の重みで飴の様に曲がっている木々。

        歩き始めて20分ぐらいでしょうか

       5里観音が左手に見えて来ます。

        昔は一里塚としての役割を担って

       いた様です。

        千曲川の源流付近の小さな流れの

       沢を2度3度渡りながらの登山とな

       りますが、難しい所はないので、

       安心して歩ける登山道です。

        沢からはなれると勾配も幾分急と

       なりますが、つづら折りの登山道を、

       花を探しながら愉しく登り、会話も

       弾みます。

        そうこうしている内にも尾根に着き

十文字峠に向かい緩やかな道を歩きますと、十文字小屋が見えて来ます。

        十文字小屋に着くと、お腹がすいて

       いたので、まずベンチで昼食を摂り

       お腹を満たしました。

        小屋主の奥さんがコーキング材を

                   手に持って、なにやら屋根の修理を

していました。

小屋前:12:23分

        リスの餌台の前で、リスの出番を

       待ちましたが、あいにく私はリスに

       遭う事は出来ませんでした。

        かみさんは餌台の後ろの辺りで

       リスの姿を見た様です。

 十文字小屋には電気は

ないようで、いくつかの

ランプがぶら下がってい

ました。

案内看板

 カモシカ展望台へ行く道を、途中左に折れて進むと、小屋から5分と経たない

所に、シャクナゲの群生地「乙女の森」が有ります。

 丸太で組んだ展望台が2カ所設けられ、少し高い所から「乙女の森」を観る事

が出来ます。

 樹林の中でこの場所だけ木が無くて、唯一陽のあたる場所が乙女の森です。

乙女の森:13:00分

乙女の森のシャクナゲ画像       

 

 

 

カモシカ展望台

13:30分

 

 乙女の森を後にして15分程度歩くと、カモシカ

展望台へと出ます。

 あいにく雲が掛かっていて、甲武信ヶ岳を観る事が

出来ませんでしたが、素敵な所でした。

  下の方にも岩壁が

 突き出した場所が在り、

 荒々しさと端麗さを併せ

 持つ、雄大な眺めを楽し

 めます。

 カモシカ展望台から十文字小屋へ

戻り、小屋から10分程度歩き、原生

林が残るその場所迄出かけました。

 原生林の保護地区になっている様

ですが倒木が多く、原生林が大分痛

んでいる様に思えました。

原生林:14:00分

下山開始:14:18分

 その後下山の途につき、約1時間半かけてゆっくり下りて来ました。

毛木平:15:45分

  

  

 

 

 駐車場から5分程度来た所に、

「ベニバナイチヤクソウ」の群生地が

                   有りました。

 辺り一面ベニバナイチヤクソウで埋め尽くされた樹林帯が続き、株のあまりの

多さに感嘆の一言のみで、他の言葉が思いつきません。

十文字峠で見つけた花達

シャクナゲ
シロバナノヘビイチゴ

ツマトリソウ
ハシリドコロ

2008年 6月11日

    

MENUへ

グルメマッシュ

椎茸のレシピ

商品紹介

注文はこちら

趣味と実益

地域情報

i-mode

メインメニュ−

グルメマッシュ

郵便番号430-0821  静岡県浜松市西町400  代表 爪田行英
 電話 053-425-5000  
kinoko@gurume-massyu.com

Copyright(c)2001-2008 gurume-massyu. All rights reserved.